»英語学習におすすめの海外ドラマ・洋画まとめ

インポスターズ・愛しの結婚詐欺師(IMPORSTERS)を英語字幕で観ながら英語学習!名言やスラングを学ぼう

海外ドラマを観ながらの英語学習は、楽しみながら続けられるのでおすすめです。

Watching international TV dramas with English subtitles is an excellent way to improve your English.

今回おすすめする作品は『インポスターズ・愛しの結婚詐欺師(IMPORSTERS)』です。

インポスターズを英語音声で観る(Amazonプライム) >

『インポスターズ』の概要

ある日突然銀行口座が空っぽ!?
惚れた弱みに付け込む結婚詐欺師
騙された被害者がちょっぴり悲しいユーモラスコメディ

それは5週間前の出来事です。

エズラ・ブルームは結婚して28日目、幸せの絶頂にいます。

傍らには美しい新妻のエヴァ。

リッチなエズラの新居で、結婚28日目記念のプレゼントに金のアンクレットを妻にプレゼントしました。

結婚式の思い出のビデオを見ながら、笑顔に満ち溢れた時間を過ごします。

全てが完璧でした。

ところが、ある日突然、エズラは全てを失います。

お金も、妻も、全てが突然消えて無くなりました。

そうです、気付いた時にはもう全ては終わってしまっていました。

結婚詐欺。

あまりに突然に起こった「世界の崩壊」で、彼に残ったのは絶望だけでした。

完璧に計画された詐欺は、彼に妻を探すことさえ許しません。

騙されたと知りつつも、それでも心のどこかでそれを否定し続け、未練を断ち切れないエズラ。

騙されたショックと妻への愛が葛藤を生みます。

彼はこの世から去る決心をします。

そこに現れたのはFBIを名乗る謎の男。

ここからエズラの人生は大きく動き出すのでした。

作品の評価

ジャンルコメディ、ミステリー
セリフの速さ4.0
セリフの量5.0
日常英会話で使える度4.0
旅行英会話で使える度3.0
ビジネス英会話で使える度2.0
笑い・ユーモア5.0
1話の長さ42分
シーズン1放送開始年2017年
製作国アメリカ

『インポスターズ』の発音

会話のスピードも程よく、聞き取りやすいアメリカ英語です。

テンポの良いリズムを身につけましょう。

『インポスターズ』で学べる英単語やフレーズ

  1. Touch and go.
  2. There is no easy way to say it, but here it is.
  3. Humor me.
  4. So-called wife
  5. Does that make sense?
  6. Please state the nature of your emergency.

1) Touch and go.

ある朝、エズラが出社してくると、社員のエリスが倒れ、ちょうど病院に担ぎ込まれるところでした。

一族が経営する一流企業。

そばにいた兄ジョシュに、エズラは「大丈夫なの?」と心配そうな様子。

Touch and go.
(微妙だな。)

「間一髪、危なっかしい、一触即発、予断の許されない」といった状況を示すフレーズです。

「鬼ごっこ」のような遊びを想像すると、理解しやすいです。

たとえば警察に追い詰められつつも間一髪で逃げ切った犯人は、共犯者の元に辿り着き、こう言うでしょう。

Oh, it was touch and go.

また「touch-and-go」として形容詞にすることもできます。

This is a touch-and-go situation.
(これはやばい状況だ。)

エリスの容態はまさに予断の許されない状態、そして程なく残念な知らせが届きます。

しかし大企業としては「小さなこと」に立ち止まることはありません。

人事を預かるエズラに、ジョシュは後任を早く決めろと迫り、結婚29日目のプレゼントのことまでもからかいます。

リッチで、妻にゾッコンのエズラは、彼女に29日目のプレゼントをすべくペットショップで子犬を選んでいました。

ところがカードでの支払いが承認されません。

仕方なく現金で払おうとATMに行くも、口座残高はなんとゼロ。

慌てて自宅に向かうエズラ。

家には妻の姿はなく、金庫も空。

事件に巻き込まれたのでは、と顔面蒼白で警察に通報するエズラでしたが、そんな時、冷蔵庫にルージュの伝言が目に入りました。

2) There is no easy way to say it, but here it is.

書置きのウェブサイトのURLを開くと、そこには愛しの新妻の姿がありました。

「驚いたでしょう」といつもの変わらぬ笑顔の彼女。

There is no easy way to say it, but here it is.
(胸が痛むけど、事実を言うわ。)

もう二度と会うことはない。
この事実を受け入れなくてはならない。
あなたは私を見つけることはできない。

そんな言葉にエズラは茫然自失。

悲しみとショックで押しつぶされそうになってしまいます。

There is no easy way to say it, but 〜は直訳すると「それを簡単に言う方法はないけれど」となります。

言いづらいことを告げる時、話す相手の心情を推し量ってのフレーズです。

あなたの友人は、母との死別から立ち直れずにいます。

でも、事実は事実として受け止めねばなりません。

There is no easy way to say it, but she is gone.
(辛いだろうけど、彼女はもういないのよ。)

あなたの友人のチャンピオンボクサーは、残念ながら判定負け。

でも、彼は負けを認めようとしません。

There is no easy way to say it, but you are not the champion any more.
(残念だけど、君はもうチャンピオンじゃないんだ。)

またセリフのhere it isは、直訳すると「それはここにある」となりますが、この場合はその後に続く内容を指していて、集中を促す役割(前振り)を果たします。

訳は前後の内容によって変化します。

今回であれば、このセリフの後に「もう会うことはない」など今後起こる事実を告げるので、訳としては「事実を言うわ」となっています。

We’ve been talking about the solution for hours, but here it is.
(ずっと解決策について話し合ってきたが、こうしよう。)

このhere it isの後に問題を解決する秘策が述べられる寸法です。

他に「はい、どうぞ」と何か手渡す時にも使えるフレーズです。

3) Humor me.

エアポートには一人の美女。

彼女を目に留めたのはエズラの兄。

ラウンジのテーブルに一人座る彼女を見つけ、彼はちょっと図々しくも彼女の向かいに座り込みます。

どこに行くのかと軽い会話から始め、きっかけ作りに飲み物を注文します。

「頼んでない」と拒む彼女に、ジョシュは言うのです。

Humor me.
(俺のために。)

Are you humorous?
(あなたは誰?)

Actually, I am.
(面白いやつだと言われるよ。)

humorという名詞は「ユーモア、滑稽」などの意味なので、それを受けて「面白いやつ」と答えています。

ところが動詞になると「〜の機嫌をとる、〜に調子を合わせる」などの意味があるのです。

「Humor me.」はよく使われるフレーズで、「お願いだから、(私のために)やって」という意味合いになります。

あなたの親友に何事かが起こっています。

しかし親友はそれを説明するのをためらいます。

Humor me.
(いいから話してよ。)

あなたの友人はアイドルが大好き。

とにかく自分が大好きなアイドルの話を聞いて欲しくて仕方ありません。

あなたが興味ない、と言っても無視されるでしょう。

Humor me.
(お願いだから聞いてよ。)

弟の妻によく似た美女。

微かに抱いた不審を頼りに、ジョシュは彼女を追いかけます。

彼女の足首にはキラリと光るアンクレットがありました。

4) So-called wife

「エアポートの美女は変装していたエヴァであった」と兄が父に報告します。

「必ず探し出す」という父に対し、エズラはエヴァの置き土産を差し出しました。

そこには一家を揺るがす重大な秘密があります。

父が長きにわたって浮気していたことも。

エズラは父の裏切りを責めます。

Maybe you and my so-called wife have more in common than we thought, huh?
(父さんも僕のインチキ妻と同じだね。)

so-calledは「いわゆる、〜と呼ばれている/〜と言われている」という形容詞です。

so-called wifeで「いわゆる妻」は、実は結婚詐欺師だったので「インチキ妻」と訳されています。

So-called Kabuki is one of the most famous cultural plays in Japan.
(いわゆる歌舞伎は日本で最も有名な文化的演劇の一つです。)

「歌舞伎」という言葉を知らない人にはこんな説明ができます。

I don’t want to visit a so-called tourist spot.
(俗にいう観光地なんて行きたくない。)

メジャーな観光地より、穴場スポットの方がワクワクしますね。

I’ve met a bunch of so-called professors.
(いわゆる教授と呼ばれる奴には山ほど会ったよ。)

肩書きばかりの連中にはもううんざり、と言ったところでしょうか。

have many things in commonは「多くの共通点がある」というフレーズです。

このセリフは比較文になっているのでmanyがmoreになり、thingsは省略されています。

5) Does that make sense?

同じ会社で働く秘書が傷心のエズラを元気付けようと外へ連れ出します。

エズラは女々しいと知りながらも、エヴァと出会ったレストランに来てしまいます。

そこでかつての自分の夢を語ります。

大学を出たら、いつかパリで作家になりたかった。
旅費を稼ぐために会社で働くうちに時が過ぎて、パリは遠のいた。
そんな時、エヴァに出会い、彼女が「パリ」になった。

Does that make sense?
(意味わかる?)

「パリ」はエズラの夢であり、その夢は「エヴァ」になったということを理解してもらえるか、というセリフですね。

make senseは「納得できる、意味がある、理解できる、筋が通っている」などの表現です。

強調したい場合はmake any senseと表現することもあります。

It doesn’t make any sense.
(全く意味がわからないよ。)

ある人はあなたの弟が近所の図書館にいたと言います。

ある人は彼が遠く離れた公園にいたと言います。

It doesn’t make any sense.
(それは筋が通らないよ。)

友人の所有している時計が欲しいあなた。

代わりに新品で同価値の時計を贈ると申し出ます。

Does that make sense?
(これで納得してもらえる?)

6) Please state the nature of your emergency.

「あなたの緊急事態の状況を述べてください」という意味ですが、これで「緊急事態ですか?」「どうしましたか?」などの訳を当てはめられます。

救急や110番(アメリカなら911です)に電話したら、こう聞かれます。

緊急事態に陥ることは避けたいですが、こう聞かれたら落ち着いて状況を話しましょう。

こんな方におすすめの作品

  • コメディ作品が好きな方
  • テンポの良いストーリー展開が好きな方
  • 「女性の化けっぷり」を楽しみたい方

『インポスターズ』で英語学習の感想

『インポスターズ』のキーワードである「詐欺師」は英語でcon artistと表現します。

どちらかというと口語的表現で、ミステリーものや刑事ものでは耳にすることが多いです。

conは「騙して金を巻き上げる」などの意味がある動詞ですが、これにartistをつけるところは英語のセンスでしょうか。

姿をくらまして初めて発覚する詐欺事件。
見事な手口はまさに芸術なのです。

エズラをまんまと騙し、見事に大金を巻き上げたエヴァとその仲間は次なるターゲットを詐欺にかける算段に取り掛かっています。

彼らの後ろで糸を引くドクターの存在も気になります。

imposterとは「偽物、替え玉、誰かになりすますこと」そして「詐欺師」という意味を持っています。

結婚詐欺師エヴァは、第1エピソードでベルギー人になりすましているので、英語に訛りがあります。

海外の英語圏でも様々な訛りがありますので、リスニングの訓練にはうってつけです。

ちょっぴりロマンティックな会話も出てきますので、口説き文句に使えそうなものがあれば押さえておいてください。

またシチュエーションによって日本語訳が変わるセリフは、日常会話においてとても有益です。

エズラの元にはFBIを名乗り、その実、同じ女に騙された被害者が訪れます。

騙されてもなお未練もあり、何としても彼女を見つけ出そうと動き出す2人。

果たして「プロ」の詐欺師を探し出すことはできるのでしょうか。

『インポスターズ』が観れる動画配信サービス

『インポスターズ・愛しの結婚詐欺師(IMPORSTERS)』はHuluで配信されています(最新の配信状況は公式サイトでご確認ください)

Huluは「定額制」&「全動画が見放題」になる動画配信サービスです。

英語字幕吹替の切り替えができ、2週間無料トライアルでも観ることができますので、コメディやミステリーが好きな方は視聴してみてはいかがでしょうか。

海外ドラマを楽しみながら英語学習もできて、おすすめです!

インポスターズを無料で観る >


英語学習におすすめの動画配信サービス3社徹底比較→

タイトルとURLをコピーしました