»英語学習におすすめの海外ドラマ・洋画まとめ

【映画のスクリプト】英語の勉強におすすめな日本語対訳付き・レベル別15選

洋画を観ながらの英語学習はおすすめです。

そして、さらに一段、英語レベルを上げたいなら、映画のスクリプトも活用するのがおすすめです。

洋画を観ていて「あれ?セリフと字幕が違う!」と気づいたことはありませんか?

そうなんです。

  • 日本語字幕は1秒4文字
  • 英語字幕は1秒12文字(アルファベット)

と、字幕は「観客が読みやすい量」におさめる必要があるため、意訳されていることが多々あります

そのため英語学習も兼ねて洋画を観ていると、

 

「あれ?なんでそんな訳になるの?」
「あれ?私が聞きとった英単語と字幕が違うけれど、私のリスニング力が悪いのかな…。」

などと困惑してしまうことがあります。

そこで映画のスクリプト(script / 台本・脚本)の出番です。

スクリプトさえあれば、気になったセリフを一語一句チェックし、内容をきちんと理解することができます。

でもスクリプトというのは、本来、映画関係者しか手に入らないものですよね。

実は、『スクリーンプレイ・シリーズ』なら、映画の全セリフを英語と日本語で確認することができるんです。

スクリーンプレイ・シリーズとは

画像引用:https://www.screenplay.jp/

名作映画完全セリフ集『スクリーンプレイ・シリーズ』は、映画のセリフ全文+ト書き(シーン説明)が、英語と日本語で書き起こされた本のシリーズです。

  • 左が英文、右が日本文、の見開きページ構成
  • 左右対象レイアウトなので、読みやすく、分かりやすい
  • 単語や文法の説明も豊富なので、英語学習もしやすい
  • ト書きだけでなく、ストーリーの背景や歴史の説明も豊富なので、映画内容の理解も深まり、映画好きにはたまらない
  • 1冊1,000円台と手に取りやすい

「名作映画〜」とあるように古い作品が多いですが、映画スクリプトの日英対訳本は、『スクリーンプレイ・シリーズ』以外にはありません。

好きな作品が書き起こされているようなら、ぜひ手に入れて、「映画鑑賞⇄スクリプト確認」を繰り返しながら、楽しんで英語学習を続けてください。

映画のスクリプトを活用した英語の勉強方法

約2時間ある映画全編を一気に勉強するのは大変。

まずは上手く聞き取れなかったシーンや好きなシーンなど、気になるシーンから確認していきましょう。

スクリプトを見ながら

  1. 英単語や英文法を確認
  2. リピーティング:英文を見ながら文の最後まで音声を聞き、その後に繰り返す英語学習方法
  3. オーバーラッピング:英文を見ながら音声を聞き、音声と重なるように声に出して読む英語学習方法
  4. シャドーウィング:英文を見ずに音声を聞き、追いかけるように声に出して読む英語学習方法

を行うと、英語力はさらに鍛えられます。

【映画スクリプト】英語リスニングレベル別・おすすめ15選

リスニング難易度【初級】

リスニング難易度【中級】

リスニング難易度【上級】


洋画を活用した英語学習方法

タイトルとURLをコピーしました